関西美術院について

関西美術院は明治三十九年に創建され、先年、創立百年記念展が京都市美術館で盛大に行われました。

本格的洋画研究所としては我が国で最初のものといっても過言ではありません。

浅井忠先生を中心にして創立された関西美術院には多くの俊才が学び、日本洋画界を代表する画家を輩出しました。

建築は京都市役所、府立図書館の作品で有名な武田五一氏によるもので、洋画研究所として異色の作品ですが、関西美術院の日本美術史上に果した役割を見る時、京都の誇る文化財といってよいでしょう。

本格的研究所として自然採光がすぐれています。石膏、人体の研究にはこの上ない教室といえましょう。

百年の歴史を通して浅井忠先生、黒田重太郎先生をはじめ多くの指導者によって維持されて来ましたが、今なお熱心な研究生によって勉強が続けられています。

歴史ある伝統を絶やすことなく絵画の基本を厳しく学んでいます。

関西美術院代表 児玉健二

タイトルとURLをコピーしました